クセ毛の髪との付き合い方

まず前日の夜お風呂に入った後、早めに髪を乾かします。洗い流さないオイルトリートメントを付けてから、ドライヤーで完全に水分がなくなるまで乾かします。ドライヤーは数千円で買える安価なものではなく、風量が強く、できたら髪が痛まないようなものが良いです!私はリュミエリーナ ヘアビューザーというドライヤーを使っています。
完全に乾かして就寝すると寝癖がほとんど付かないので翌日は軽くスタイリング剤でスプレーして簡単に内巻きにブローするだけで綺麗にセットできます。ブローの際はブロー用のロールタイプのヘアブラシを使っています。湿気がある日や大事なお出掛け時は仕上げにケープのスプレーをかけボサボサにならないよう気を付けています。

もともと髪が多くクセがあり、更には寝相も悪いので寝癖が付くと翌日直すのにとても時間がかかっていました。
以前髪が綺麗な友人と旅行に行ったのですが、友人は入浴後、時間を掛けてしっかり髪を乾かしていました。今まで私はドライヤーの熱を当てすぎて髪が傷んでしまうのでは・・・と心配でしが、むしろ生乾きの状態で乾かすのをやめてしまう方が痛む原因になると聞きました。それからは私も熱をしっかり当て、完全に髪が乾いてから就寝することを徹底しました。すると今まで苦労していた寝癖がほとんど付かなくなり、結果朝の髪のセット時間が大幅に短縮されました。

寝癖をごまかそうと毎日コテでウェーブを付けていた時期がありました。セットは簡単にできますが、安価なアイロンを使っていた事もあり髪がパサパサになり枝毛だらけになってしまいました。

普段はシンプルにストレートにブローする事がほとんどですが、友人と出掛ける時や特別なイベントでは髪をアップしたりエレガントにハーフアップしたりします。インターネットで検索すると自分で簡単にアレンジできる方法が動画で沢山載っているので参考にしています。トップのボリュームを作ると顔全体がスッキリ見える気がするので意識しています。結婚式に参列する際は、途中で崩れては大変なのでサロンでセットしてもらいます。

一番重要なのは「清潔感」だと思います。私は顔立ちがはっきりとしている方なのでヘアスタイルはシンプルを心掛け、寝癖やアホ毛があるまま外出しないよう気を付けています。清潔感をキープするには髪を傷めない事が重要なので、日々のシャンプーをしっかりする・トリートメントで髪を保湿する・しっかりと乾かす という基本的なことを当たり前にこなす事が大事だと思っています!

寝る前に三つ編みにすると髪の手入れが楽になります。

私は20代前半4歳の娘がいます。
髪の長さは胸の少し上までのセミロング。
明るめブラウンの髪色です。

どのセットをする時にも
必ず気を付けていることはブローをしっかりすること。
出勤前、登校前、子供がいる家庭など
朝の時間はとてもばたばたすることが多いですよね。
その貴重な時間にきっちりブローをするのはとても大変なことだと
思います。
なので前日の風呂上りにしっかりと髪を乾かします。

朝には寝癖でぐちゃぐちゃになってしまうという方は
寝る前に軽く三つ編みをして寝てしまう。
そうするときれいに癖がつくので
巻く手間も省けいい意味の寝癖になります。

普段の私の髪型は
子供と公園で走り回ったり、家庭菜園をする時
とても邪魔になる髪の毛。
ですが人に会うかもしれないので
まずトップを耳の上くらいでとり結びくるりんぱ。
ゴムをおさえながら
少しずつ毛束をつまみひきだして崩します。
その下の髪をすべてまとめて
ゴムで結ぶのですが
ここで3パターンにわけます。

1つめは結んだ髪の毛を
そのままくるりんぱをしてしまう。
2つめは
1の状態から毛先を三つ編みにする。
3つめは結ぶときに髪をすべて通しきらずおだんごにして
その状態でくるりんぱ。

たったこれだけで
いつも同じ髪型をしていると思われないので
簡単にできてアレンジがきくのでおすすめです。

私の髪の毛は細めで切れ毛が多いと飛んで見えてしまいます。
なので軽くスタイリング剤を付ける時もありますが
今はかっちりよりゆるいほうが人気もあるので
ハードスプレーで固めたりするのは避けています。

軽く巻くだけでセットした感がでるので
以前はよく巻いていたのですが
急な雨の日などは耐えることが出来ず
せっかくセットした髪が雨でうねってみえて
残念ヘアーになった経験もあります。

梅雨時期や雨が降るかもしれない日
汗をたくさんかきそうなひは
できるだけまとめ髪にしています。

ショートヘアーは一見セットが楽そうですが
アレンジが難しいので
いつも同じ雰囲気になってしまうことが多いので
私はできるだけミディアム以上は伸ばしています。

パーティなどドレスアップする時は
ドレスの形と相談します。
首がつまっているドレスなどは
きっちり高めに髪の毛をあげでしまうことで
すっきりまとまります。
片方だけのオフショルどれすなどは
反対側に巻いた髪の毛を寄せるセットにします。
そうやって
着るドレスをきめてから
髪型を考えるように心がけています。
色やデザインで似合うセットが違うので
イメージを大切にしています。

私がセットをする時に重要視するのは
服やメイクとの調和と
天候、その日の予定にあった髪型にすることです。

今は安くヘアアクセサリが手に入るので
上手に活用することで
少し上手にみせてくれるので愛用しています。

これからもどんどん色々なヘアアレンジを楽しみたいと思います。

ロレッタシリーズを使い分けよう!

普段はロングストレートです。
髪のアレンジはあまりしないのですが、ケアには気を付けるようにしています。
セットの手順としては、髪を綺麗に洗った後に軽くドライアーでブローします。
その後にクリームワックスを付けて髪に馴染ませ、ヘアアイロンを使って髪の毛のクセを伸ばしていく感じです。

私が普段使っているワックスは「ロレッタソフトくりーむ」です。
これはクリーム状になっていて、髪の毛に伸ばすと髪質も柔らかくなりますし強めの温度のアイロンでも髪が傷みません。
時間がない時は、これを使用するだけで直ぐに髪の毛が真っすぐになるのでお勧めです。

普段どうしてストレートのままかと言うと、実はアレンジが得意ではないからです。
また、アレンジをすると髪の毛が絡みやすいのも悩みの一つです。
私の髪質が少し柔らかめなこともあって、編み込みをしたりすると解くときに時間が掛かってしまいます。
なので、あまり凝った髪型はせずに下ろしたままの状態か、後ろで一つに縛るかをその日の気分で選ぶようにしています。

過去に失敗したセットは、羊ヘアです。
韓流ブームの時に女子たちの間で流行っていました。
学生の時にした事があったのですが、私がすると上手にお団子状にならないんです。
ピンで何箇所か留めるようにしても直ぐに崩れてきてしまいます。
友人にもやってもらったのですが、やはり髪質が柔らかいせいか直ぐに解けて上手にできませんでした。
でも、一度だけ花火大会の時に浴衣を着て皆でお揃いの羊ヘアにしようという話になったので頑張って練習しました。
その時に使用したのが、定番の「ロレッタメイクアップワックス4.0」です。
キープ力を高めてくれるので、直ぐに解けやすい私の髪質にも合いました。
お陰でお団子も崩れる心配もなく楽しい時間を過ごせました。

実はこのロレッタメイクアップワックス4.0は、巻き髪をした時やパーマをかけた髪に使う商品なので、現在も友人の結婚式に参加する時にアレンジの際に愛用しています。
その前に髪が傷まないように「モルトベーネロレッタ ベースケアオイル」も同時に使用しています。
アイロンを使用する前に、これを髪にシュッと数回に分けて吹きかけてからゆる巻きカールにすると綺麗に仕上がるんです。
その後に、先ほどの学生の時から愛用していたロレッタメイクアップワックス4.0を髪に馴染ませて少し時間を置いて指で解いたら完成です。
私は巻き髪にしたらそのまま下ろしたままでヘアアクセを付けてアクセントになるように心掛けています。
気合いを入れたい日はこの二つの商品を使ってアレンジするようにしています。

髪型のセットで重要視していることは、自分の髪質を把握した上で行うという点です。
無理して髪の毛を傷めるよりも、自分に合う髪型を探す工夫が大切だと感じています。
ですが、人は髪型でイメージが変わることもあるので少しずつアレンジを増やせれるようにこれからも研究していきたいです。

私が続けている髪のセットは、後ろ一本束ね。

私の普段の髪型は後ろで一本に束ねるだけ。簡単なセットですがきっちりと髪をまとめることでちゃんとしている人のように見られます。髪が腰あたりまであるため細かなセットをすると時間がかかりすぎてしまうことも髪を一本で束ねるセットを続けている理由です。

そして私の髪には癖毛が目立ちます。所々クセが強い毛があるため髪を下ろしているとまとまりがない髪になってしまいます。年齢も年齢ですし、長い髪をただ下ろしているだけというのはマイナス。

髪を後ろでひとつ縛りにするだけの髪型ですが無造作に仕上げるのではなく整髪料を使います。短い癖毛がぴょんぴょん飛び出るとだらしがなく見えますよね。うなじの後れ毛にも整髪料をつけ短い毛がばさばさしないようにセットしています。

整髪料は最近いろんなタイプがありますが、使い比べたところ癖毛でもしっかりまとまる整髪料が1番合っていると分かりました。ホールド力が弱い整髪料を使うと短い毛が落ちてきます。そのため私が使っている整髪料はかなり髪をまとめる力がある物になります。

その整髪料を生え際から15センチほどに均等に塗ります。部分的にたくさんつくとキレイなセットはできません。特にブローはしないため整髪料を手のひらで良く伸ばして髪に馴染ませるようにセットします。

やはりクセが強い毛には整髪料が必要。短い毛があっちからこっちから飛び出ている状態は疲れているようにも見えます。癖毛は昔からの悩みですがこのセットをするようになってから髪のストレスは半分になりました。

失敗したセットは髪をストレートにブローしたこと。ストレートヘアに憧れていたためドライヤーとブラシを使って時間をかけセットしていました。当時はストレートパーマや縮毛矯正で髪がひどく傷んでいて、それに加えて毎日のように髪を伸ばすセットをしていたから切れ毛の量が異常でした。

頑張れば頑張るほど切れ毛が増え、カラーリングしても色落ちが早くなりストレートヘアにこだわることをやめました。癖毛ならそれを生かす髪型を探せばいいと思ったのです。髪をいじめなくなってから徐々に髪が健康になり今は切れ毛の量も減って一安心。

気合いが入っているときのセットは頭頂部を少し膨らませて髪を結ぶ位置を高くします。簡単に言ってしまえば頭頂部にボリュームを持たせたポニーテールですね。髪にボリュームを作ると若返って見えることもあり気合いが入ったときのセットは特にボリュームを重要視しています。

なりたい自分とヘアアレンジ 〜悩みは続く〜

普段のヘアスタイルは、耳の高さ位の低めの位置でのおだんごです。理由は複数ありますが、ひとつは季節に合わせてです。暑いので、下ろしたままだと汗でへばりついたりするので。2つ目は、楽なことです。朝時間がなくても、くるくるねじってヘアピン一本あれば完成。仕事をする上でも、多少動き回ることがあっても問題なし。印象としてもすっきりしてるので悪くはないかな?と思っています。3つ目、これが何気に一番の理由だったりします。本当は下ろしたり、可愛いアレンジをして、仕事もプライベートも楽しみたい。けれど、中々美容院に行けず、ゆるふわパーマも落ちてきて髪も伸ばしっぱなしなひどい現状を、どうにかまともに見せてくれるから…という、マイナスな理由が強いです。
今はおだんごですが、ここ数年のヘアスタイルは、胸下位のロングに、耳した位からゆるふわパーマをかけています。前髪はぱっつんの短めが多いです。こちらもセットは簡単で、ワックスを手に取り、髪を下から持ち上げるようにしながらくしゃくしゃします。そうすると無造作な感じが出るので。猫っ毛で元が超ストレートなので、使うワックスは強めのものにしています。ただ、最近行きつけの美容院のデジタルパーマがとてもよくもってくれるので、スプレーの泡状ワックスを使うことも増えました。しゅわーという音と共にくしゅくしゅするのはうきうきもするので、こちらに切り替えつつあります。気分で前髪もふわっとさせたいときは、前髪の生え際にワックスを揉み込むこともあります。前髪やトップは自のままなので、強めワックス使用率が高い気がします。それでもすぐにぺったんこになるので、どうしたものかと悩み中なのですが。美容院を渡り歩いて色んな方や技術と出会ううちに解決してきたことがたくさんあるので、まあのんびり行こうかと思っています。
好きなアレンジは、ハーフアップです。人と会う時には多く使っています。こだわりは、顔周りは残すことと、トップがふわっとなるようにヘアゴムよりもバンスクリップ等、がっしり止めた状態を維持できるものを選ぶことです。理由は、エラと大きい顔がコンプレックスだから。少しでも隠したい、バランスよく見せたい!という気持ちと、簡単で割とどんな服装にも合うかなと思って、ちょっとずつ変えながら多用してます。元気に見せたいの時は、高めの位置で止めてポニーテールもどきみたいにしたり。落ち着いた感じにしたい時は、逆に下の方で止めるなどです。
ドレスアップしたりちょっと特別な日は、顔周りの毛を少し残して、後ろはまとめます。三つ編みをくるりんぱして、緩めにピンで止めるなどします。ゆるーくまとめた方が、ちょっとは色気が出るかしら…なんて期待しつつ、最後はスプレーでがちがちに固めます。小ぶりで華やかなクリップをつけたりもします。不器用なので崩れちゃう時もあって困りますが、そこから「これいいじゃん」てアレンジが偶然生まれることもあり。
アレンジで出来ないことも、髪自体の悩みも、考えたら尽きないけれど、それがまた楽しみかなとも思います。

1日ご機嫌に過ごすために髪型セットで気をつけていること

ヘアセットが決まらないと、周囲の人は特に気にしていないとは思うのですが、1日なんだか憂鬱な気分になってしまいます。

逆にヘアセットがうまく決まるとテンションが上がって、いつもよりも積極的に行動できるような良い効果を感じます。

できれば、毎日ご機嫌に過ごしたいものです。

今回は、私なりのヘアセットについて書いてみました。

・普段の髪型セット
普段仕事のある日の朝に行っているセットは何より時短重視です。

ヘアスタイルはあまり段の入っていないボブより少し長めのミディアム。毛量は普通でくせ毛はなし。後ろに束ねるとサイドの髪が落ちてくるぐらいです。

<セット手順>
①寝ぐせのある髪を霧吹きで濡らし、絡まりがあればブラシでとく

②ドライヤーで紙が後ろに流れるようにざっと乾かして毛流れを作る

③クリームテクスチャーのトリートメントを両手にとって髪全体につける

④両サイドの紙を表面から薄くとり、頭長でちょんまげのようにまとめる

⑤横上直径5㎝くらいの丸コテでまとめた毛束の先を内側にワンカール

⑥これで、後ろに流れる感じになる

⑦残って下に降りているサイドの毛先を外側にはねるようコテで巻く

⑧後ろの毛を適当に3束くらい外はねになるようコテで巻く

⑨手ぐしで整えて完成!

なるべく時短で済ませたくて、美容師さんに聞いたセット方法をそのまま行っています。カットするときの希望も、家で簡単にセットして再現できるスタイルにしてください!といつもお願いしています。

こしのない細毛で、頭がぺったんと貧相になりがちなのが悩みで、少しでもふんわりとなるようにヘアスタイルに動きをつけたいと思っています。

セットを楽に決まるようにしたいと何回か過去にパーマをかけたのですが、どんな種類のパーマをかけても1週間もすればパーマが取れてしまって…

ストレート用の平べったいコテでくりくりパーマを復活させようとセットしたら、ものすごくきついソバージュのようなスタイルになってしまったのは大失敗でした。

美容院に行った次の日は、時間に余裕をもってヘアセットするように気をつけています。慣れないと時間がかかって失敗したり焦ってしまうので。

・気合の入った時の髪型セット
結婚式やパーティ、女子会などの時はヘアアクセサリーを使ったセットに挑戦します。

アクセサリーの華やかさの力で、セットが多少へたくそでもごまかせるかなと。
動画などを参考にその時の気分でセットに挑戦していますが、編み込みを入れて仕上げるようにしています。

編み込みしていると頑張った感が出て自分なりに救われる気がするんです。

普段、髪型のセットで一番に重要視するのは時短と再現性ですが、特別な時の勝負ヘアセットも自分なりにいつか極めてみて、普段のヘアセットにも取り入れられるようになりたいなと思います。

キレイでいるためのヘアセット!ヘアアイロンでストレートに!

普段のヘアセットはまず絡まりやもつれがないように目の粗いブラシで髪をとかします。
とかせたらヘアアイロンでストレートに。ブローが上手くできなくて変なうねりが出てしまいがちなのでアイロンをかけてしまいます。アイロンでまっすぐになったら今度はカールのアイロン(32㎜を使うことが多いです)で毛先を外ハネにします。
内カールにすることもたまにありますが、なんだかもったり重くなってしまうので外ハネ率が高め。
毛先が全て巻けたら表面の髪を細く取って、内巻き外巻きを繰り返していきます。なんとなく巻けたら、内側の髪も何箇所か適当に巻きます。
前髪をストレートアイロンで軽くカールして、マット系のワックスを前髪と毛先に少しずつ付けて整えます。
後はスプレー(私はケープのハードを使用しています)を少し離れたところからまんべんなくかけて、カールをほぐして、サイドなどカールが崩れてほしくないところにもう一度スプレーをかけて完成です。

髪が多く、硬い髪質なのでストレートにしていると重く見えてしまうけど、しっかり巻くとボリュームが出すぎてしまうのがが嫌で美容師さんに相談したところ、毛先を外ハネにしてゆるく巻くだけで軽く見えるこのスタイルを提案してもらって、それからはONの時もOFFの時もこのスタイルにしていることが多くなりました。

昔髪全体的にくせ毛風のパーマをかけて動きを出そうとした時は、セットは簡単になったものの髪が傷んでしまい全然キレイに見えなかったので、それからはずっと自分で巻いています。

このスタイルをベースに少し巻を増やして低めに1本で結び、くるりんぱをして後れ毛を出したりアクセサリーを付けたりすると、パーティなどにもピッタリです。
動きがある髪型にしていると結んだだけでも華がありますよね。

普段のスタイルでもちょっとオシャレしてお出かけの時でも、大切にしたいと思っているのは触りたくなるような軽さと清潔感です。見た目の印象の多くは髪型にあると思っています。美人だと思う人のほとんどは髪もキレイですよね。
人と会うときは重い・暗いといった印象を与えないような軽やかな雰囲気と、好印象を与えるような清潔感を保っていられるように気をつけています。下ろしている時は巻きがダレてだらしない感じになっていないか、アホ毛が立ったりしていないか、まとめ髪の時は後れ毛は出しすぎていないか、後ろから見てもきれいに整っているか等を気にするようにしています。
後は髪自体も重要だと思うので、カラーが抜けていないか、毛先が傷んで枝毛などになっていないか等にも気を付けて、キレイなヘアスタイルでいられるよう心掛けています。